工場勤務の仕事は体力が必要

工場勤務は立ち仕事が多いです

工場での仕事は製品を製造する為の製造ラインに入る事になります。部署によっては体力的にキツイ仕事や座ってできる軽い仕事などいろいろあります。工場での上司の方は部下を時間単位にどれくらいのスピードで製品を作かを常に監視しています。同時にロボットなども働いているので、ロボットに巻き込まれないように十分に安全を管理する必要があります。7時間労働が一般的ですが、なかには残業を頼まれる場合もありますから、その分体力が必要になってきます。昼間だけではなくて夜勤もある時があり、夜勤の場合には昼間よりも体力がいります。十分な睡眠時間をとって夜勤に臨まないとケガの原因になる場合が多いです。工場で働く場合には、日ごろから食生活などの管理をして、体力を高める必要があるでしょう。

工場で働くうえでの休憩時間

工場の仕事では一般的に10分休憩や食事休憩が与えられます。作業着に着替えている場合には、トイレに行くために作業着から普通着に着替えないといけない時もあるので、10分ではトイレに行けない事も多いです。そんな時は、休憩時間から遅れてきたと言う理由で、上司にあやまらなければいけないです。また、製造ラインに入ってしまうと、急にトイレに行きたくなっても行かせてもらえない場合もあります。そんな時はトイレを我慢しないといけないので大変な苦労をします。食事休憩は大抵の場合1時間の時間が与えられますが、その時間内に現場から食堂へ移動しないといけないので、食堂が遠い場合には実質的な休憩時間は1時間もない事になります。